09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

囲む会

県PTA連絡協議会の役員だった時のお仲間が
民間初の県教育委員長となり
日々ご活躍をされています。

今日はそんな彼女を労うために
かつての仲間が集い
「新教育委員長を囲む会」を開きました。

ひさーしぶりにお会いする方々がほとんどで
私を見ても反応が微妙です。
かつての名を名乗ると
「やっぱりそうだよね?
なんだか印象がずいぶん変わったから…」と。
実は名前も変わりまして、と
用意していった名刺をお渡しすると
更にビックリ。

「県Pに入ったばかりのころは雲の上の人だと思っていた」
「いつも壇上で話をしていたのを覚えている」
「当時の印象は、いっつもにこにこしている人だと思った」
だなんて皆さん持ち上げて下さるけど
普通のオバチャンで、ごめんなさいねー。

PTAを離れて7年近く経ちますが
まだ学校評議員とか
市町の教育委員とか
オヤジの会とか
何らかの形で学校教育と関わりを持つ人が多く
きれいさっぱり足を洗ってしまった私としては
うらやましい様な、申し訳ないような。

「キンちゃん」と時々ふざけてお呼びしていた
お髭のパパさんが予約して下さったお店は
日本酒のラインナップが素晴らしく
磯自慢、正雪、久保田、南海山…などなど
焼酎党のワタクシですが
冷酒でクイクイ飲んでしまいました。

P1000504_convert_20130324110940.jpg

東部のドン、と密かにお呼びしていたお方が
二次会会場を用意してくださいました。
思い出話や近況を語り合いながら
夜道を歩いていると
きれいな夜桜が咲いていました。

P1000507_convert_20130324110552.jpg

今年の桜は早いですね。
入学式までもつかな、とちと心配になったり。

二次会のスナックでは
やはりいつの間にかカラオケの1曲目に
入れられていました。
「セーラー服と機関銃」。
やっぱりか…。

また逢いましょうね、お元気で、と
駅で手を振ってお別れした後
PTAの夫、こと元県P会長と
電車に乗って地元まで戻って来ました。
会長のお供で電車に乗っていろんなところに行きましたっけ。

お蔭様で懐かしい時間を持てて
とてもうれしかったのでした。
次の機会があるなら
またぜひ呼んでくださいましね。
スポンサーサイト

お久しぶり!

県中部母親代表だった時の
西部、東部の母親代表と、県母親委員長は
40歳を過ぎてからできた貴重なお友だち。
県のPTA組織から引退した後も
年に1度は顔を合わせて旧交を温めあっています。

この3人、PTAのお役に付いている時は
非常にしっかりとした頼り甲斐のあるお方たちでしたが
プライベートで会う時は
愉快な大ボケをかましてくれるお茶目さんぞろいです。
道に迷う、目的地にたどり着けないなんていうのは
最早日常茶飯事。
いつぞやに至っては
約束した日を間違えて(しかも2人同時に!)
青くなったり、赤くなったり。

おっちょこちょいでは引けを取らない私ですが
彼女たちの中では一番「まとも」な方なので
4人で集まる時の幹事は私、と決まってしまいました。

その私が、昨年は離婚前のごたごたで音頭を取れなかったため
「そろそろ計画を立てて~」と催促されて
今日、2年ぶりに集合することになりました。

オバサン4人が長くおしゃべりできるところと言えば
やっぱりファミレスでしょう。
4人のうち2人は音量調節機能が壊れていますし。

会わなかった2年のうちに
それぞれの環境も大きく変わり
(一番みんなを驚かせたのは私ですが)
こんなことがあったんだよ、
それは大変だったね、という近況報告から始まり
介護の話、健康の話、最近ハマっているものの話、エトセトラ…
ランチを食べ、ドリンクバーを何度もおかわりし、
デザートを食べ、夕食を食べ…
集合時間12時で、解散したのは18時半。
ファミレス滞在時間最長記録更新です。

それにしてもまぁ
次から次へと話題が尽きないこと!
しんみりしたり、笑い転げたり
もう、顔筋と腹筋がイタイ…

ああ、楽しかったね。
みんな元気そうで安心したよ。
また来年も元気に顔を合わせましょう!と
西へ東へと手を振って
帰っていったのでした。

戦友

懐かしい人からメールが届いたと思ったら
訃報の連絡だった。

かつて、県のPTA組織の役員だった頃
所属する学校のPTAの会長として
あれこれとサポートしてくれた
戦友ともいえる同志だった。

お子さんはまだ高校生。
さぞかし心残りだろうと思う。

通夜に参列した元PTAの仲間に、何故と問うと
もともと持病があったにもかかわらず
きちんと薬を飲まなかったのだとのこと。

自分のためだけでなく、家族のためにも
健康管理は大事なのだと改めて思った。

穏やかな彼らしく、安らかな顔で眠っていた。
短い人生だったかもしれないけれど
充実した良い人生だったのだろう。

明日、何が起こるかなんて誰にもわからないけれど
こうして仲間を送ったり、送られたりするんだろうか。

人生は無常だ。

第58回日本PTA全国研究大会千葉大会全体会

今年の全体会の基調講演は、あっつ~い夏にふさわしい
あっつ~い松岡修造氏です。

すっごく楽しみにしてたんだ~♪

会場通路でお土産の出店を覘いていたら(梅酒試飲中)、
後ろのほうが一瞬ざわ、と。
え、何?と振り返るとちょうどすぐ後ろを
松岡氏が通り過ぎていくところだった。
とてもラフな格好で、でもそれがサマになっている。
背たか~い。手足長い~。
うひょひょ。眼福眼福♪

大会式典には、
全国最年少市長の熊谷千葉市長、
松岡氏に負けないほどあっつ~い森田健作県知事がご臨席。
いや~ 千葉ってすごいわぁ。

やがて始まった基調講演では
コナカのスーツに着替えた松岡氏が颯爽と登場。
スポーツマンらしいさわやかでざっくばらんなお話しぶりに
ますますファンになっちゃった。

頑張っている人には「頑張れ」ではなく
「頑張っているね」「頑張ったね」と言おう、とか。

ともすれば「根性論」に走りがちだけれど
技術があってこその「根性」。
勝つためのスキルを身に付けさせることが大切、とか。

そのスキルは基礎練習を繰り返すことで身に付くのだ。
卓球の福原愛ちゃんも、フィギュアスケートの浅田真央ちゃんも
トップアスリートたちは気が遠くなるような基礎練習を繰り返しているのだ、とか。

頑張ってもうまくいかない時は
「Why」(なぜできないのか)ではなく
「How」(どうすればできるのか)を考えよう、とか。

よかったよ~。

ただし。
手話通訳(全体会には手話通訳が付いているのだ)を
ちょびちょび構い過ぎだよ…。
面白かったけど。

全体会終了後のアトラクションは
劇団四季のミニステージだった。

あぁ本当に、来て良かったわー 千葉。

そしてOB会

「いま分科会が終わったよー」と男性陣から連絡をいただいて
同窓会という名の飲み会へ。

例によってしゃべる食べる飲む笑うで大忙し。
(見る食べる遊ぶは「るるぶ」だったっけ)
あー腹筋だけじゃなく、表情筋もイタイ。

楽しいお酒はおいしいね。
こういう時を過ごすために日々頑張っているって言っても
過言じゃないくらい。

分科会講演の後に来年の全国大会開催地である広島のPVを流していた。
来年の第5分科会は尾道なんだって。
映像で見ると旅ごごろが誘われるねぇ。

広島って行ったことないなー。
私も私も。
じゃあ来年の全国大会にも行っちゃう?
それいい!乗った!
はいはい分かりました。くろすけツアーにお任せを。
あの映像見ちゃうとさ、尾道は外せないね。
うんうん。それとさ、厳島神社もいいんだよね。
あ、私は原爆ドーム。
そうすると1泊じゃ無理だね。2泊でいい?
来月から積立しなくちゃ。

来年のプランも整ってしまった。
かしましカルテットはこういう話をまとめるのも早いのです。

第58回日本PTA全国研究大会千葉大会分科会

かしましカルテットのうち現役PTA会員は1名だけ。
その1名も来年には会員資格を失うので
今更家庭教育でもないよね、と
私たちが希望した分科会は「地域連携」の第5分科会。

午前中はジャーナリストの黒木昭雄氏の講演。
ご自身の体験を交えながらのお話はとても分かりやすく
共感できる部分が多かった。
曰はく
皆さん自分の子どもはかわいいでしょ。
ともすれば、わが子さえ良ければ、と思ってしまうほど。
でも、わが子にちゃんと育ってもらいたいと思うならば
わが子だけでなくその周りにいる子どもたちも
きちんと育てなければ意味がないですよね、と。

それをもっと広い意味で考えれば
わが子が健全に育つためには
わが子が関わる社会そのものを良くしていかなければならない、
ということなのよね。

時間の都合で若干尻切れトンボ気味であったけど
なかなか良い分科会だった。

同じ分科会に参加した同期のOB男性陣は
午後の分科会まできちんと参加されていたけれど
かしましカルテットは前述のとおり
午後はちょいとシツレイさせていただいた。

現役だった頃はちゃんと最後まで参加するのが当たり前と思っていたけれど
(貴重なPTA会費から参加費を負担していただいているのですからそれは当然の義務だよね)
今回の私たちの役割は「頭数合わせ」だし
OBなんだからさ、その位のハメは外させて頂戴ね。

しっかしひさーしぶりにPTAの空気を感じたよね。
私たちも数年前はこの熱気の真っただ中にいたんだなー。

珍道中

というわけで、珍道中の始まりです。

…って言っちゃうのはね、いつでもなんだかアクシデントの連続で
それがまた楽しみのひとつでもあるんだけどね。

自称「かしましカルテット」は
県西部、中部、東部、某半島と居住地区はバラバラ。
東京駅もしくは分科会会場である船橋で待ち合わせようか、とも思ったんだけど
「連れて行ってね」「くろすけちゃんお願いね~」って…
そうねぇ。
旅館の中で迷子になる人たちだから
やっぱ集団行動必須だな。

○時○分の新幹線に乗るからね。
それぞれ駅には何分に着くよ。
新幹線に乗ったら何号車か連絡するね、とメールを飛ばし
「はーい」「了解」とそれぞれお返事をいただいていたんだけど。

まず、西部の人から
「いま乗ったよ~○号車にいます」とメールが来た。
そこへ中部の私が合流し
「くろすけ合流しました」とメールを流す。
次の駅で東部の人が乗ってきて
「実はね、」
てっきり土日だと思っていたのよ~、と。
たまたま昨日の午後に「?」って思って確認したら
ええぇぇ~~ 明日っから!?って焦ったわよ~。
気づいてよかったわ~。

ほんと、気づいてくれて良かったわよぅ。
だけど。
なーんかヤな予感するよ、アタシ。

さて。
あとは半島の彼女よね、と
乗車予定の駅のホームを新幹線の中から眺めたけれど。

彼女は乗ってこなかった。

東部の彼女同様、明日からだと思っていたらしく
焦って送ったメールを見てあわてて追いかけてきて
分科会の途中で無事合流。

わかりました。
今後は必ず前日連絡するね。

全員そろえばいつも通りのかしましカルテット。
午後は分科会をちょいとシツレイしてファミレスに移動し
しゃべることしゃべること…。

あー。
笑いすぎて腹筋痛い。

旅の仲間

縁あって、過去に3年間県PTA連絡協議会の理事を務めさせていただいた。
年齢とか職業とか、そういう枠を全部取っ払って
共に活動してきた仲間たちは私にとってご褒美であり
人生の後半に得ることのできた宝でもある。

特に、最初の一年間を共に過ごした仲間たちとは親交が深く
今でも同窓会と称して年一回泊りがけで遊びに行ったりしている。

わが県のPTAはなぜか「関東ブロック(関ブロ)」という括りの中にある。
そして今年はその関ブロの仲間である千葉県で全国大会が開かれる、とのことで
例年の5倍近い参加動員要請があったそうだ。
現役会員だけではとても応じきれない、ということで
私たちOBにも協力してもらえないだろうか、と依頼があった

「同窓会も兼ねて協力してもらえないかな?」と連絡すると
「いいよ~」「行く行く!」「楽しみだね~」と
快く了解してもらえた。
役は退いたけど、県Pサポーターとして応援しているよ!という気持ちを
みんな持っていてくれているからだと思う。
ありがたい。

去年の同窓会には都合が合わず出席できなかったから
2年ぶりだ~。
あー楽しみだなー♪

高校地区会

「年に1度の機会ですので遅刻のないようお集まりください」
って言われてもねぇ。
フルタイムで働く身にとって夜6時半開始の会合ってのは
結構厳しいのよね。
欠席したら平日の日中にお呼び出しが来るし。
最近ではほとんどが働くおかーちゃんだってこと
学校はちゃんと理解しているのかしら…。

高校3年生のこの時期
話し合いの内容はほぼ進路について。
繰り返し言われていることだけど
今年は本当に就職組には厳しい状況らしい。
一応申し訳程度に「大学進学クラス」も設けているけれど
ここの学校のウリは
「就職率がほぼ100%」「企業からのウケが良い」だもの。
どうしたって地区会での話題は就職についての話がほとんど。
そして進学状況についても少し。

そりゃあね。
担任の先生からは
「専門学校はよほどのことがなければ受かる」
って言われているけれど
「よほどのこと」って何?
うちのカンちゃんは大丈夫なのかしら??
って不安になるのは就職組・進学組と変わりない。

なのにこの情報のなさは何なの~!
もう少し親身になってくれたっていいと思うんだけど

芽が出た

先日「うれしいことがあったの!」とパートの同期が話していた。
食べ終わったはるみみかんの種を植えておいたら
芽が出たのー、と。

本日は県PTA連絡協議会の総会に来賓として出席した。
PTAの活動からはすっかり足を洗ったつもりでいたんだけど
諸事情によりほんの少しお手伝いをすることになってしまった。

といってもご隠居さんですから
できることなんてあまりないんですけどね。

現職との顔つなぎという意味で招かれたのだと理解して
総会後の情報交換会にも出席させていただいた。
(残念ながら裏稼業の会議があって早退したけど)

総会資料に
昨年度の母親委員会の活動として全県共通のテーマで取り組んだ
研修報告集が掲載されていて
蒔いた種がきちんと芽を出していることに感動した。

情報交換会でそれを現母親委員長に伝えると
「くろすけさんが『全県共通のテーマを!』と始めてくれた事は
必要なことだと思うのでこれからも頑張って続けていきますよ」
と言ってくれた。
私はただ種を蒔いただけだったのに
きちんと管理してここまで育ててくれた
前および現母親委員長に感謝。

某母親代表から
「くろすけさん、私の事おぼえてますか?」と。
覚えているよー。同じ地域の人だよね?
「おととしの地区P母親研修でくろすけさんの講演を聞きました」
「あの時、母親委員の役割とか組織とかのお話を伺っていた私が
母親代表になっちゃいましたー」

別の母親代表からも
「3年前の県指導者研修会の分科会でくろすけさんのお話を伺って
何だかすごく気持ちが楽になったんですよ」

そっか。
3年間頑張って来たことは無駄じゃなかったんだね。
胸の中がぽわんとあったかくなった気がした。

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。