05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痙攣

毎朝寝起きが悪く、
話しかけても「あー」とか「うー」とか
何か怒っているんじゃないかと思うほどのお嬢ですが
今日の朝はいつも以上に眠そうにしながらも
「昨夜さ…」と話しかけてきました。

「ゆうべ、ゆずがひきつけ起こしたんだよ」と。

幸いすぐに治まった様ですが
「ゆず?」と声をかけたお嬢に驚いたらしく
珍しく吠えたんだ、とも。
(ゆずがはっきり吠えたのって、両手で足りる回数しかありません)

お嬢とも相談して
食欲もあるし、朝には意識もはっきりしているので
とりあえず少し様子を見て
症状を繰り返すようなら病院へ連れて行こう
と決めました。

私にとってはゆずっちょは
いつまでたっても
うちの子になった時のままの
永遠の3歳児のように思えるのですが
来年2月には10歳の大台に乗るお年寄りです。
できることなら1日でも長く
うちの子でいて欲しいと願っていますが…

ちなみにお嬢が昨晩私を起こさなかったのは
「お母さん絶対に取り乱してパニックになると思ったから」と。
確かに…わが娘ながら、冷静な判断でした。
スポンサーサイト

外泊したゆずっちょ

最近のゆずっちょはなかなかオイタが激しいので
京都に旅行するにあたっては
「ペットホテルに預けよう」とカンちゃん。

通勤経路の近くに
預かりもしてくれるドッグスクールの看板があったので
事前に見学に行ってきました。
小型犬はかわいいサークルに入れて預かってもらえるのですが
「中型・大型犬はこちらです」と案内されたお店の奥は
コンクリ打ちっぱなしの床に鉄格子が嵌められた
あまりにも寒々しいところでした。

あれじゃあ殺処分を待つ野犬の檻みたいで
あまりにゆずが不憫だ、と言うと
「どんだけ箱入りなのwww」って
カンちゃんに笑われてしまいました。
でもね、ゆずっちょは淋しがり屋なんだよ。
夜間無人になるところじゃかわいそうだよ、と
あちこち探した結果
アパートから車で10分もかからない近場で
預かってくれるところがありました。

行ってみると、なんだか普通のお宅です。
それでも散歩もしてくれるし、遊んでもくれるし
何より夜間も人がいる、とのことで
2泊でお願いしました。

「よろしくお願いします」と
リードごとゆずを委ねましたが
鳴いたりぐずったりすることもなく
大人しく連れられて行ってしまいました。
まるで初入園の園児の母の心境です。
(ぐずぐず泣かれるのも困るけど
あまりにもあっさり行かれちゃうとそれはそれで淋しい)

何しろ、母が一晩家を空けると
あらぬ方を見て呆然と腑抜けになる「お母さんっ子」なのです。
ゆずっちょ今頃どうしてるかしら、泣いてないかしら、と
京都にいる間ずっと気になってしまいました。←なんという親馬鹿

旅行が終わって迎えにいくと
ちぎれそうなほど尻尾を振って
熱烈大歓迎でした。

「この子は吠えないねぇ」
「周りに誰もいなくなると暴れるんだよ」
「誰か側にいるとすごく大人しいんだけどねぇ」
…きっとものすごくお世話をおかけしたのですね(汗)

狭いアパートに帰ってきてほっとしたのか
その日は一晩中ずっとぐったり寝ていたゆずっちょなのでした。

換毛期

ゆずっちょの毛の生え替わる季節がやってきました。

冬毛から夏毛に生え変わる今の時期
抜けるのは外側の固い体毛ではなく
その下に生えている白いふわふわのアンダーコート。

毎日スリッカ―で梳いてやるのですが
ビックリするぐらいとれるのです。
今年はなんだか特に多いような気がする…

このスリッカーってヤツも
針金がツクツクしていて、痛くないのかしら…
でもアンダーコートはこれが一番よく取れるのよね。
結構ガリガリやってるんだけど
嫌がらないからオッケー牧場?

ごっそり取るのに
すぐまた次の抜け毛が茶色の毛の間からふわふわ顔をだしてきます。
カンちゃん曰はく
「ぅわーゆず、なんだかみすぼらしいよ。どこの野良?」
(とか言ってないでたまにはアナタも梳いてやってよね)

今まで抜けた分を集めると結構な量になると思われます。
いっそのことそれを紡いでセーターでも作ってみる?

色合いは良さそうだけど
ケモノ臭そうだわね…。

ただでさえ暑いのに、こんなの着てたらそりゃ暑いよねぇ。
いっぺんにどさっと脱げたらいいのにね。

ねぇゆず、どこかにチャックついてないの?

本日はゆずとドライブ

毎年、GWにはゆずを連れてドライブに行きます。
昨年は
日本一のお山のふもとにあるドッグランと
灯台の町で開かれるディスクドッグ大会(見るだけ~)に行きました。

犬の躾、という面では
長期の休みだからといって特別なことをするのは
よろしくない、というご意見もあるようですが
毎日毎日お留守番ばかりしているゆずっちょにも
ちょっとぐらい楽しいことがあったっていいんじゃないの?と
親バカ丸出しのワタクシでゴザイマス。

まったくねー。
犬なんか天敵だと思っていたのにさー。
一体どうしちゃったのさ、アタシってば。

今年は県西部の湖の近くにあるガーデンパークに行ってきました。

ここは、7年前に花博を開催した会場の跡地です。
広大な園内に四季折々のお花が咲き
子どもが遊べる噴水(もう水着で頭から水をかぶっていました)や
展望塔、遊覧船などあって
入場料も駐車料も無料(遊覧船は有料です)だなんて
なんてありがたい公園なんざましょ。

ペット入場可、です。
ただし、温室とか水の広場とか
ペット立ち入り禁止の場所もあちこちにあります。

駐車場に降り立った途端
遥か彼方に見える展望塔を眺めつつ
「全部歩くのは無理だな…」と思ったのですが
あっちの花を見、こっちの売店を覗き、
休憩しておにぎりをかじり、他のわんことあいさつを交わし、など
ふらふらしながら結局1周してしまいました。

楽しかった~。

ゆずはお出かけ大好きです。
以前は「犬に洋服だなんて」と思っていましたが
今ではドライブする時、抜け毛対策に服を着せます。

  服を着る=車に乗る=楽しいお出かけ♪

とインプットされているのか、
ゆずは服を見せると自ら頭を突っ込みます。
そして目的地に着くまで大興奮です。
もともと友好的で、無駄吠えもしないので
連れて行った先でトラブルになることはありません。
(唯一あるとしたら、到着後15分以内にP-をすることかな)
   ↑
ま、こんなもんは拾って帰りゃすむハナシですし。

そして帰りの車中は、ぐったりです。
うとうと転寝をする顔が見たくて
ドライブに行くといっていいほど、かわいいです。

こうしてみるとゆずってやつは
永遠の3歳児って感じです。
お馬鹿わんこめ、と思うこともありますが
わんこも人の子も、お馬鹿なほどかわいいのです。
(とでも思ってなきゃ、かーちゃんやっていられませんがな)

あ、もしかしたらこれって
ばーちゃんが孫に抱く思いと同じだったりして?

憎まれ口叩いたり、小遣いねだったりしない分だけ
わんこの方がかわいいかもね。

ひそかに

どういうわけかゆずっちょは
おかーさんが台所で調理していると
おかーさんと調理台の狭い隙間を往復しては
おかーさんの足を踏んでいく。

・・・仕返しか?

そしてどういうわけかゆずっちょは
カンちゃんが遊んでいるゲームのコードを引っ掛ける。
「あー!まだセーブしてないのに~~ゆずのバカ!」

・・・仕返しだな。

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。