12
2
4
7
8
18
24
26
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんやわんやの大晦日

年末の帰省にあたり
おかんの家では大問題が発生した。

「帰省中ゆずをどうするか」

毎年、年末年始にはだ~りんの実家へ手伝いに帰るのだが
今回は「喪中だから」という言い訳で免除していただくことにした。
だってさ。
たまにはおかんだって人並みの正月を過ごしたいんだもん。
というわけで、だ~りんはいつもどおりお寺の手伝い、
おかんとお子たちは、おかんの実家へ帰ることになった。
これまでおかんの実家に帰るときは
・庭を荒らす
・雨が降ったら可哀想
という理由で、ゆずは玄関に居候させてもらっていたのだが
(あぁ、ちなみにゆずは室内飼いですが
「犬は外」が当たり前だと思っているじいちゃんが
ゆずを部屋にあげてくれるはずがありません)
今、実家の玄関には霜に当てたくない観葉植物の鉢が
ずらりとならんでいるらしく、ゆずの居場所がない。
それではだ~りんにお寺へ連れて行ってもらおうと思ったけれど
だ~りんではゆずのお世話が出来ないし、
それでなくてもゆずに冷たいだ~りんのこと、
うんと言うわけがない。

ペットホテルは高いし混んでいるだろうし、
あれこれ無い知恵を絞った挙句
実家は一泊にしてゆずは留守番という結論に至った。
・・・大丈夫かなあ。すごく不安だ。

後ろ髪引かれる思いで出発し、
昼前には実家に到着する。
姉一家が来るのを待って、お墓参り。
夕方、徒歩20分の所にあるお蕎麦屋に行き、
じいちゃん、姉一家、おかんとお子たちの8人で
年越し蕎麦を頂く。
混むのを想定して早めに行ったので
実家に帰ってきたのは6時過ぎ。
布団を敷き、風呂の準備をし、いつでも寝られるようにしておいてから
大人たちの酒盛りが始まった。

あー楽しい。
こんなに気持ちが穏やかな年越しは何年ぶりだろう。
お寺が忙しいのは承知で結婚したのだし、
忙しいこと自体は別に大した問題ではないのだけれど
心穏やかに過ごせるかどうか、というのは大問題である。
だ~りんの実家にいると心がピリピリとげとげしてしまうから。

・・・ゆず、どうしているかなあ。
お利巧にお留守番できているかしら。


スポンサーサイト

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。