02
2
3
6
7
12
15
17
23
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時どうする?

中部地区の手話通訳者会議に出席するため
昼過ぎお町に出かけた。
少し余裕を持って家を出たら早く着きすぎてしまい
駅ビルで少し時間を潰すことにした。

駅ビル5階にある事務用品店の一角には
和風のコーナーがあって
最近では髪飾りなどもおいてある。
かわいい玉飾りのついたかんざしが目に入り
手にとってみた。
その数秒後、目の端の風景がぐらり、と動いた。
え、と思った瞬間、ディスプレイの小さな衝立が落ち
ガラスの砕ける音。
髪飾りを立ててあった切子のグラスが割れていた。

一瞬、やっちゃった、と思ったけれど
おかんは衝立には触れていないし
落ちたグラスもおかんが手にとったかんざしを入れてあったものではない。
だけど、他のお客さんは少し離れた場所にいたし
周りから見たら、きっとおかんが触って落としたと思われるんだろうなぁ。

お店の人がすぐにやってきた。
「申し訳ありません。お怪我はありませんでしたか?」
疑われるかも、と身構えていたおかんに
店員さんは丁寧に言ってくれた。
怪我はない。だけど、目の前には割れたグラスがある。
「触ったわけではないのだけれど、
衝立が倒れてしまって・・・どうしましょう?
グラスの代金を弁償させていただいた方がいいのかしら?」
疚しいところは何も無いのだけれど
私ではない、と証明することもできない。
「いえ。大丈夫ですよ。
このディスプレイは以前から安定が悪かったので・・・」
とテキパキと片付けて
「どうぞごゆっくりご覧下さい」と爽やかに去っていった。

もしこの店員さんがおかんを疑って
弁償して、と言ったらどうすればよかったのかな。
おかんが触ったという証拠もなければ
触らなかったという証拠も無い。
はなから疑いを向けられたら
断固として否定するかもしれないけれど
揉めるのが嫌で弁償しちゃうかもしれない。
おかんも結構気弱なところがあるからな~。

この店員さんの感じのいい対応が嬉しくて、
手にしたかんざしを結局買ってしまった。
結構気に入っている店なので
来辛くならずに済んで、よかった。


スポンサーサイト

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。