09
10
11
12
21
23
27
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプレートに思うこと

今月の初めに喉の異常で入院した父。
甲状腺に原因があるらしいが、入院先の病院には専門の医師がいないとの事で
退院後改めて他院を受診した。
その結果、父曰く
「“甲状腺のがんだ”といわれた」と。
がんセンターか、日赤病院か、どちらかでもう一度診てもらうよう言われたそうだ。
電話の向こうの父の声がとても弱々しい。
「ばあちゃんが向こうで淋しくなって連れに来たのかなあ」
「ワシもばあちゃんみたいに抗がん剤が合わんで
あちこち痛なったり、ゲェゲェ吐いたりするんだろか」
昨年母が亡くなるまで、毎日看病していたのは父。
その時の様子を知っているだけに、なおさら不安が募るのだろう。
医師からはっきり「がんだ」と告げられたのなら
安易な慰めの言葉などかけられない。
「とにかくもう一度大きな病院でちゃんと見てもらおうよ」
そう言うのが精一杯だった。

そして。
「がんなんてどこにもない」
・・・は?
じゃあ最初に「がんだ」って言われたってのは一体何だった訳?
なんでも大袈裟に断定的に捉える傾向のある父のこと、
もしかしたら「がんの疑いもある」程度の話を
こんなに大きく膨らましちゃったのかもしれない。
人騒がせな。でも、何もなくて良かった。

父の父(おかんの祖父)は、父が幼い時に胃がんで亡くなったそうだ。
がん体質は遺伝するという。
だから父は、自分もがんで死ぬんだと思っているらしい。
その体質はきっとおかんにも受け継がれているんだろうな。
しかも母も直腸がんだったし。
こんなに医学が進歩しているのだから
近い将来がんの特効薬が開発されて
恐ろしい病気ではなくなる日が来るに違いない。
それまでは、身体によい生活を送り、早期発見に努めるしかないのだろう。

そんな思いを込めて、ブログのテンプレートを替えてみた。
しかし・・・なんだか落ち着かない。
おかん「らしくない」デザインだよな~。
大体、何でピンクなわけ?
もっといろんな色が選べるといいのに。
スポンサーサイト

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。