10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹き替え

案の定、はまってしまいました。
「BONES」シリーズ。

腐乱死体とか、結構グロい映像もあるので
お食事時にはおすすめできませんが
FBI捜査官が骨の鑑定を持ち込む「ジェファソニアン研究所」の
研究おバカな面々の導き出す
科学に裏付けされた真実が実に面白い。

ちなみに。

洋画は字幕で見る派です。
吹き替えは、楽なんだけど
何かやっぱり違うのよねー。

日本人の声って(特に女性の場合)
若干高めなのかしら。
そしてなんとなく、バカっぽい。

ああ、もちろんそうじゃない人もいますよ。
でもね。

冬ソナにはまっている時もそう思ったのよね。
チェ・ジウもヨン様も
ご本人の声は吹き替えより低くて大人っぽかったの。
ご本人の声であのドラマを見たら
運命に翻弄されてぐだぐだな感じだった二人が
もっと毅然としたイメージで見られたかもしれないと思うのです。

「BONES」も最初の何話かは吹き替えで見ていたのですが
予告編のところでご本人の声を聞いたら
ものすごく違和感を感じてしまったのです。
吹き替えの時は、主人公のボーンズを
傲慢で嫌味な鼻持ちならない女科学者のように感じたのに、
ご本人の声だともっと理知的で純粋な人に思えるのです。

さて。
手話通訳者である私は仕事として
音声言語と手話の「吹き替え」を行っています。
この業界、圧倒的に男性が少なくて
ろうの男性の手話を女性の手話通訳者が読む、というところからして
「違うな」という感じなんですが
目の前のこの美しい表現を
自分の文章力では十分に伝えきれないことに
いつもへこんでしまいます。

手話を手話として読める人がもっと増えれば良いな、と思います。

ま、そうなっちゃうと
こちとらおまんまの喰い上げなんでしょうけど。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。