08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自粛

東日本大震災からこっち、
日本国内はあちらでもこちらでも自粛ばかりです。
桜の花もそんな空気を悟ったようで
ひっそりと咲き、短期間で散ってしまったように思います。

少し前、「五体不満足」の乙武氏が
「誰のための自粛なのか?
他から非難されることを恐れての自粛は
『他粛』であり、『萎縮』である」
というようなことをおっしゃっていましたが
上手いこと言うなー、さすが乙武氏だな、
よっ 座布団三枚!とか思ってしまった私は
不謹慎なのでしょうか?

現在、
「すべての聴覚障害者に、
情報アクセス・コミュニケーションの権利を保障する
法制度の実現を求める」ための運動を展開中です。
(難しい文言ですね。
 簡単に言うと、耳が不自由な人たちは
 音声のみの情報が伝わらないので
 見てわかる情報とコミュニケーションを
 当然の権利として求めたい、
 そのために必要な法律を作って下さい、ってことです)
私たちの地域でも
地元のイベントや大手ショッピングモールなどで
署名活動をしよう!と予定していたのですが
最近の風潮から「不謹慎」との誹りを受けるのではないかと
「もう少し様子を見よう」「延期しよう」という声が
上がりつつあります。

でも。
署名には提出期限があるのです。
天下の悪法である「障害者自立支援法」を撤廃し
これに代わる新しい法律(総合福祉法(仮称))を
当事者の意見を反映しながら作成しようという
「障がい者制度改革推進会議」が審議を進めています。
今秋の国会にこの総合福祉法改正案が提出されるタイミングに合わせ
皆さんから頂いた署名を提出する予定なので
署名の最終締め切りが8月末に設定されています。
このタイミングを逃してしまっては
署名が意味をなさなくなってしまうのです。

また、今なお厳しい避難所生活を送られている方々の中にも
耳の不自由な人たちがいます。
食べ物や飲み物の配給があっても
「見てわかる情報」がなければ彼らの耳には届きません。
政府の記者会見に手話通訳が付いても
テレビはそれを映してはくれません。
そんな状況を一人でも多くの人に知って欲しい。
一日でも早く、彼らを救いたいのです。

必要な活動でさえ
周りの目を気にして中止(延期)する。
これを萎縮と呼ばずして何と呼ぶのか。

今夜、私たちの地域での署名活動の実行委員会がありました。
「自粛」「延期」と及び腰の仲間たち。
気持ちは分かるけど。

それでいいのか?
今だからこそ必要な活動ではないのか?

そんな苛立ちを感じてしまいました。

こんなことを考えているから
「穏健派」にはなりえないのでしょうね、私は。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。