08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ何だ?



温泉の帰り、ツレアイが
「そういえば最近この辺で不思議な橋を見た」
というので、確認に行ってきました。

なんだか狭そうな橋だなー
渡れるのかなと思いつつ近づいてみると
橋のたもとに橋番のおじさんがいて
「ダメダメ」というように手を振りながら近づいてきました。

おじさん「今は渡れないよー」
ワタシ 「え、車で渡れるの?」
おじさん「渡れるけど、こっちからむこうとむこうからこっちに
     渡れる時間が決まっているから。
     今はむこうからこっちには渡れるけど、こっちからは通れないよ」
ワタシ 「この橋は何の橋?通学路?」
おじさん「これは通水橋だよ。橋の中を水が通っていて
     その上を借りて通行できるようになってるの」
ワタシ 「へーそうなんだー。歩いてなら渡れる?」
おじさん「渡れるよ。あそこの階段から上がれるから
     階段の下あたりに車を停めて上がってみるといいよ」
ワタシ 「はーい。ありがとうー」

言われた通りに階段を上がってみると
確かに足元からゴォゴォと水の音が聞こえます。

越すに越されぬかの川の東側は
豊かな水の恵みを受けることができたけれど
西側の地域では水不足に悩まされていたのだそうです。
ため池などで凌ぎつつ
この川の恩恵に与りたいというのが長年の願いだったとか。
それでこのような橋を作って
西側の地域にも水がいきわたるようにしたんだって。

この通水橋は実は2代目で
もう少し上流に旧の通水橋があったのだとか。
こんなに大きな川の近くにいても
西と東ではそんなに違っていたんだな、ということを改めて知りました。

謎が解けて、すっきりしました。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。