10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前

実は、苗字で呼ばれるのが苦手です。

もともと
苗字とは「家」という集団をさす記号のようなものであると思っていますし
そもそも
今名乗っている苗字はツレアイのものであって、私のものではありません。
つまりそれは
ツレアイの「家」に「嫁」に入ったという
自覚のなさの表れなのかもしれません。

結婚して初めてツレアイの家の苗字で呼ばれた時も
うれしいと思うより
戸惑いと違和感を感じてしまい、現在に至っています。

名前は、親がくれた最初のプレゼントです。
それが例え、出産予定日が正月だったから、という理由であったとしても
そこにはちゃんと、意味がありますし
「私」という個人を示すものです。

会社とかご近所づきあいの場で
他者と判別するために使用するのであれば
苗字で構わないと思うのですが
個人として親交を深めたいような時は
苗字ではなく名前で呼ばれたい、と思います。

県PTA連絡協議会の「かしましカルテッド」こと
元母親代表の4人は
いい歳をしたオバサンですがお互いに
○○さん、△△ちゃん、と名前で呼び合っています。
それは、この4人の中の最年少母代さんが
初めましての自己紹介の直後からそのように呼び始めたからなのですが
素直な彼女らしい直球勝負の交際術だな、と思います。
人見知りで、相手の出方を伺いつつ
かけられた言葉の裏の裏まで探ろうとする私にはできない
上手い垣根の取り払い方だと羨ましく感じます。

○○さんちの奥さん、△△ちゃんのママ、という呼ばれ方も多く
私という個を失っていくようで、やはり好きではありません。

私たちぐらいの年齢になると
名前で呼びかけられることは少なくなってしまいます。
若い頃は、画数が多く硬い感じのする自分の名前が好きではなかったけれど
(正月に生まれる予定だったからという理由も、何だかねぇ←しつこい?)
47年間使い続けているとさすがに愛着が湧いてきます。
親しい人、あるいは親しくなりたいと思っている人から
名前で呼ばれるのはうれしいものです。

あとン十年もすれば、また新しい名前(戒名)で呼ばれるようになるのでしょうけど。
そうなったらどんな名前で呼ばれても
お返事はできませんね。
スポンサーサイト

私はね…

結婚して苗字を書くと、続けて旦那の名前を書いちゃいました。しばらく、書類は訂正印だらけだったような…
子どもが出来て、家族の集合体の名称として、受け入れられたかな。

『●●ちゃんのお母さん』って呼ぶのは嫌いだから、下の名前で呼ぶようにしています。でもね、この辺りは田舎のせいか同じ苗字の家庭が多いので、下の名前で呼ぶことも多いのよね。

ちなみに私の名前は神主さんが決めてくれたんだそうです。父と母は、名前の事で喧嘩をしてしまい決められなかったのだそうです。

私は無理だわ~

他人の物を拝借している感が消えなくてね、
どうしても「自分の姓」だとは思えないのですよ。

長い年月がたてば慣れていくのかと思っていたのですが
ここ数年は特にダメですね。
潜在意識の表れでしょうか。

ご両親、喧嘩するほど一生懸命考えてくれたのですね。
ありがたいですね。
私は「予定日が正月だから」だもんなぁ…。←まだ言ってる
今時「○賀新年の○」とか言ったって通じやしないし。
説明がしづらくてね。
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。