10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフレッシュ!

京都国立博物館所蔵の美術品の数々が
今、県立美術館に来ています。
ぜひ見たい!と思いながらもなかなか都合がつかず
とうとう来週の日曜日が最終日となってしまいました。
幸い、今日の午後時間が空いたので
今しかない!と出かけてきました。

この美術館の建物に至るまでのけやき並木がとても好きです。
特に、紅葉の今の時期は最高です。
お天気も良いし、ぶらぶら歩くのも気持ちいい♪

展示品はどれも素晴らしく、ゆっくり時間をかけて見て回りました。
線の一本一本がとても繊細で、ため息が出ました。

美しいものを見るのは好きだけれど
造詣が深いわけでもなんでもない一般ピープル(死語?)です。
そんな私でも名前ぐらいは知っている
雪舟、与謝蕪村、伊藤若冲などの名品はとても美しかったし
「洛中洛外図屏風」や「阿国歌舞伎図屏風」などは
あーこれ、美術や日本史の教科書で見た!
(でもやっぱり実物の迫力は凄い)って
ワクワクしました。

特に長い時間をかけて見たのは
酒井抱一の「四季花鳥図屏風」と牧谿の「遠浦帰帆図」。
それから伊藤若冲の「乗興舟」。

実は、出口付近まで来て、まだ若冲を見ていないことに気づき
係のお姉さんに聞いて、観覧順路を引き返して見てきました。
壁に沿って展示してあるものとは別に
部屋の中央にあったので、うっかり見落としてしまったのでした。
危うく一番楽しみにしていたものを見ないで帰ってしまうところでした。

時間がある時にぶらっと美術館に行ったり、映画を見たり。
そんな風に時間を使えるようになりたい、と
ずっと思っていました。

今日はそのはじめの一歩。

次の特別展示もぜひ見てみたい内容なので
絶対に見に来よう、と思っています。



スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。