09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバイト

チィちゃんが高校生のころ、
ある日、恐る恐る、といった感じで
「あのね、アルバイトしたいんだけど」
と言ってきました。

バイトの内容にもよるけど、いいんじゃないの?と言うと
「え。いいの?本当に?」
うちのお母さんは、バイトだなんてとんでもない!って反対すると思ってた、って。

基本的にバイトは賛成です。
お金を稼ぐ大変さを体験して無駄遣いを無くして欲しいし
年上の社会人との接し方とか、責任とか
学校では教えてくれないことを体験できるのって
お金以上に大事なことだと思うから。

その時は、同級生の親がやっている屋台のお手伝いで
花火大会とか何とかまつりとかで
焼きそばやクレープ、かき氷などを売るアルバイトをさせてもらいました。
その後もコンビニの店員さんを経て
今は大学のそばの喫茶店、家電量販店での販売員、
大学の教室を使っての資格試験の係員など
バイトの掛け持ちをして頑張っています。

カンちゃんも
某ファミレスのフロア係のアルバイトを1年ほどしていましたが
通学に1時間以上かかる専門学校に進学したのを機に辞め、
現在に至っていました。

その間チィちゃんからは
「バイト探してるの?」「自分の小遣いぐらい自分で稼ぎなさい」
と母顔負けのお説教を受け
「大体お母さんはカンには甘すぎるんだから」と
とばっちりのお小言まで…。

「引越しが終わったら近所で探すから」って言っていたカンちゃんですが
いよいよ先週からスーパーのレジ係として働き始めました。
当然金髪娘のままでは採用されないのが分かっていたので
アパートに引っ越してすぐに髪の色は黒く戻しました。

「平日は学校があるし」
「土日にバイトを入れちゃうと遊べない」
と言う理由で
土日の夜(21時ごろから0時ごろまで)をメインに働くそうです。

それって結構キツイと思うよ、とは言ったけど
実際にやってみないとその大変さってわからないのかも。
まぁ、自分が決めたことなんだから
とりあえず頑張りましょう。

人見知りで表情があまり変わらないカンちゃんです。
無愛想な子ね、ってパートのお姉さま方に誤解されないといいんだけど。
本人は
「時給がいくらで」「月〇日働いて」「いくらもらえるかな」
「そしたらアレを買おうかな」とか
至って脳天気でございます。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。