10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK人形劇

NHK少年ドラマシリーズに関連して思い出したNHKの番組です。

小学5~6年のころだったと思うのですが
夕方の6時ごろから「NHK人形劇」というのを放送していました。
私が見たのは「新八犬伝」と「真田十勇士」。
「新八犬伝」以前に放送していた「ネコジャラ市の11人」も見ていたと思うのですが
ストーリーはさっぱりです。
エンディングテーマと思しき
「ネネ、ココ、ジャラジャラ、ジャラジャラ…♪」の歌は
今でも何かの拍子に突然頭の中によみがえったりするのですが。

この「NHK人形劇」ですが
登場する人形は辻村ジュサブローの作品で
素晴らしく芸術性の高い人形だったのですよ。
そして、「新八犬伝」のナレーターは坂本九氏。
「因果は巡る糸車」などのクラシカルな言い回しを効果的に使った
実に上手なナレーションだったと記憶しています。
原作はもちろん、曲亭馬琴の「南総里見八犬伝」です。

江戸時代を舞台にした時代小説が好きなのは
たぶんこの人形劇の影響なのではないかと思います。
本当に毎回ワクワクドキドキしながら楽しみに見ていましたもの。

昨日のストーリーがどうだったとか
「われこそは玉梓が怨霊」などのセリフをまねたりとか
同級生の間でもかなりの話題になっていましたから
同世代の人で記憶に残っている人もいるのではないかしら?

子ども向け番組でありながら
まるで人形浄瑠璃を見ているような高尚さでした。
というか本当は
子ども向けの作品だからこそ
質の高さが求められると思うのですけどね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。