10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

束の間の

おとといの夜遅く、間もなく日付も変わろうかという時間に
チィちゃんから電話がありました。

「あさって東京の友だちのところに遊びに行くんだけど
途中でそっちに寄るから明日の晩泊めて」と。

チィちゃんに会うのはお正月以来だね。
このアパートに来るのは初めてだし。
あまりに狭くてびっくりするんじゃないかな?

夕方、予定より早く最寄駅に着いたようで
駅前の喫茶店にカンちゃんを呼び出し
ケーキセットをおごってやって
アパートまで案内させたそうです。

私も早く帰りたかったのだけど
こんな日に限って診療予約はいっぱいだし
子どもが高熱で何とか診療して欲しい、と無理に予約を割り込ませたのに
結局来院しなかった患者さんがいたり
(「5分で着きます」って言ったのに1時間以上待っても来ませんでした)
会計がどうしても合わなかったりで
結局、クリニックを出たのは8時近くになっていました。

ご飯の準備どころではなかったので
ファミレスにご飯を食べに行き
帰宅後は女子会です。
チィちゃんと飲むのも久しぶりだなぁ。

「今度の母の日は何か欲しいものはある?」って。
おりこうな子どもがほしいなー。
「はいはい。それ、聞き飽きたから。お金で買えるものを希望します」
愛!…はお金で買えないねぇ。
「むしろ買えたら怖いわ」
そーねー。健全な意識でおかーさん安心したわー。

ひとしきり下らない話に花を咲かせて
母の部屋に布団を敷いて、仲良く眠りについたのでした。

翌朝。
チィちゃんはまだ夢の国だったけど
母は出勤しなければなりません。
それじゃ東京に気を付けて行っておいでね、と声をかけて
家を出たのでした。

帰宅すると
使った布団がきちんとたたんであって
朝、流しに放置していったお茶碗も
洗ってくれてありました。

不登校、発病、そして
父親との折り合いの悪さから
逃がすようにして私の実家へ送り出したチィちゃんは
こちらで就職する気はないらしく
お嫁に出すよりも早く手放してしまったようで
苦労を掛けて申し訳ない気持ちと
しっかり生きていることに安心する気持ちでいっぱいです。

おりこうな子どもは22年も前からおかーさんのそばに
ちゃんといるよ。

東京からの帰り道
もう一泊だけしていくようだけど
また一緒に飲めたらうれしいな。
スポンサーサイト

いいね~

子どもって、親の姿を見てるのよね。親の気づかないところで、いろいろ感じながら成長しているんだね。
長男も家を出てみると、いろいろ感じてくれるだろうか… きちんとした生活ができるのだろうか…
そんなことをグチグチと考えてしまいますわ。

子どもって、自分が一生懸命生きてきた証だものね。
まだまだ長い人生だもの、親子の間でもいろいろあるだろうね。でも、女同士って言うのが、ちょっぴり羨ましい私です。

男の子もかわいいでしょ

母親にとっての息子は永遠の恋人らしいですから…
女の子はときどき無性にムカッとくることがありますよ。
自分の嫌なところばっかり似ているみたいで。

子育てってすぐに結果が出るものじゃないものね。
人って一生成長し続けるものだから
20歳越えたら育て方云々じゃなく自己責任だと思うよ。
長男さんも親が心配するほどのこともなく
ちゃんとやっていますよ、きっと。
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。