08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流鏑馬

少し前に
流鏑馬のビデオを見る機会がありました。
興味のない人にはつまらないでしょうけど
高校・大学と7年間
ほとんど毎日的の前に立っていた私にとっては
垂涎モノでございました。

弓道にもいろいろと流派がありましてね。
現在は「弓道教本」なるものにより
礼法、体配が定められていますので
流派、という物には属していない感がありますが
礼射系の小笠原流、武射系の日置流のふたつに
大きく分かれるようです。

小笠原流と日置流の大きな違いは
矢を番え、手の内(弓を持つ手の形)を作り、
的を見据えた後の動作です。

これは実際の動作を見ると一目瞭然なのですが
いわゆる「正面打ち起こし」と「斜面打ち起こし」の違いです。
打ち起こし→大三、と
小笠原流の正面打ち起こしだと2アクション必要なのに対し
斜面の日置は打ち起こした時には大三の形になっているので
アクションがひとつ少なくて済むのです。

流鏑馬は
連続していくつかの的を中てていかなければなりません。
言葉通り「矢継ぎ早」なのです。
もたもたしていると
次の的の前を通り過ぎてしまいます。
なので、「斜面打ち起こし」が適しています。

このビデオを見て
私はてっきり「斜面」=日置流、と思ったのですが。

小笠原流なんだそうです。
ぅわ~ 騙された…。

まぁ、神事ですからね。礼射系なのでしょう。

一度ライブで見てみたいものです。流鏑馬。
スポンサーサイト

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。