07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災難

ちょっとグロい話なので
お食事中の方、苦手な方は
どうぞスルーして下さいましね。










日曜日は本来休診日なのですが
今日は職場が休日当番医に当たっていて
午前中出勤していました。

前回、前々回の休日当番医の時は
尋常じゃない混み具合でしたので
(外待合、中待合とも座る場所もないほどでした)
今日もきっと忙しいだろうなぁ、と
覚悟を決めて出勤したのですが。

季節的なものもあるのでしょうか。
かなり暇でした。
病院が暇、というのは
世の中としてはとても平和で良いことだと思います。
休日診療の割には
重篤な症状の患者さんも少なかったですし。

そんな中。
浣腸の処置をした患者さんがいました。
当院を受診されるのは初めてでしたが
今までにも何度も浣腸をされているそうで
すっかり浣腸嫌いになってしまっていました。
聴診器を当てるのでさえ怖がって暴れる始末です。
浣腸する際もお母さんと看護師さんと私と
3人がかりで押さえつけなければなりませんでした。

処置後、お母さんが替えのおむつを取るために
患者さんから離れた時に
暴れてベッドから落ちそうになったので
慌てて抱きとめたのですが
泣いたり暴れたりして腹圧がかかってしまったため
浣腸液が漏れてしまい
私の制服を直撃してしまいました。

体内残留時間数秒、という液ですが
やっぱりちょっと、うわぁ、と思ってしまいます。
(もちろん態度に出さないだけの分別はありますよ)
こういう時に限って
制服の予備を持っていなかったり。

病院に勤めている限り
こういうアクシデントはつきものです。
一番辛いのは患者さん本人だってことも
分かってはいるのですけどね。

看護師さんの中には
嘔吐下痢症が流行した冬に
患者さんの吐物を片づけていたら
頭の上から第2弾が降ってきた、という
悲しい経験をされた方も…。

災難としか言いようがありませんが
あまり遭遇したくはないですね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。