08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯖イバル

前述の如く
親の遺言でサバは食べられません。

子どものころ、薬によるアレルギーで
酷い目にあいました。
その出来事で、母親がアレルギーに過剰反応するようになり
父親が青魚アレルギーであったことから
「あなたも食べたら絶対に出るから」
「喉が腫れたら窒息してしまう」と
サバが実家の食卓に乗ったことはありませんでした。
実際には、口にしたら即蕁麻疹、ということは無く
体調が悪い、体力が落ちている時は出やすい、という程度でしたが。

それでも出る時は出るのです。

たまたま昨日、問診を取っている時に
蕁麻疹の患者さんが来て
「青魚がダメなんです」と。
蕁麻疹の出た日は、蕁麻疹の心当たりになるものを
なにか口にしましたか?と尋ねると
「魚自体は食べていない」
「心当たりはないのだけど」
「それでもおつゆのだしとかに入っていることもあるから」と。

そうなのです。
実はこれがアレルギーのこわいところで
実体がなくても、成分だけで出ちゃうのです。
私もめんつゆなどを買う時は
その都度原材料を確認して
「さばぶし」と記載があれば買いません。
定食についてくる味噌汁のだしは何だろうか、と
気になるけれど
いちいち確認するわけにもいきません。
怪しい場合は、口にしない。

最近では、めんつゆは自分で作るようになりました。
冷蔵庫保管で、ひと月は持ちます。
夏場はつるつると冷たい麺を頂く機会も多いので
とても重宝して使っています。
前回作ったものが残り少なくなったので
今日の午後、また作りました。
台所に広がる醤油の香りもグーです。

面倒だな、と思うこともあるけれど
こんな程度で回避できるくらい
私のはまだまだ軽度なのですから
ありがたいと思わなくちゃね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。