08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器博物館~鍵盤楽器

以前から一度行ってみたいと思っていた
浜松の楽器博物館に
先日ようやく訪れることができました。

いやー、面白かった!

というわけで
何度かに分けて書いていこうと思っています。


楽器博物館に入館して
さてどの順番で見て回ろうか、と迷いましたが
私にとって一番なじみの深い
鍵盤楽器の展示から見ていくことにしました。
「本日の催し物」の表示を見てみると
あと30分ほどで
ジラフピアノのミニコンサートがあるようです。

ジラフ?きりん??

P1000185_convert_20121008004417.jpg

これがジラフピアノです。

グランドピアノの弦の部分を立ち上げたピアノですが
私たちのよく知っているアップライトピアノとは
少々違うようです。
ピアノの調律をしている時などに覗いてみるとわかりますが
アップライトピアノは弦が床に近いところから張っています。
そして弦が交差しています。
このジラフピアノは
弦はおとなの膝ぐらいの高さから始まっているそうです。
床に近い部分は空いているので
収納スペースなどになっているようです。
そして弦は交差することなくまっすぐ張られています。

弦がむき出しになっているためか
響きが良く、きれいな音でした。

鍵盤楽器のコーナーには
他にもいろいろ面白いものがありました。
例えば、グランドピアノの場合
弦を下からハンマーで叩いて音を出すのですが
上から叩くタイプのものがあったり。

P1000189_convert_20121008043025.jpg

このピアノにはペダルがたくさんあります。
一番右の「ドラム」というペダルを踏むと
太鼓の音とカネの音が同時に鳴ります。
当時流行していたトルコ風の音楽を演奏する時に
用いたものだそうです。
ヘッドホンで試聴してみました。
演奏曲はお馴染みの「トルコ行進曲」でしたが
おお、ドンとチーンが一緒に鳴っておもしろい!

P1000191_convert_20121008043148.jpg

これは、民族楽器のコーナーにあった
「親指ピアノ」。
「ムビラ」「サンザ」などの呼び方があるそうです。
金属の板の部分を親指ではじいて音を出すようです。
これも試聴してみましたが
オルゴールのようなかわいい音でした。

楽器博物館の楽器は
実際に触れるものは少ないのですが
(当たり前ですよね。展示品ですから)
多くの楽器にデモ演奏が試聴できるヘッドホンが設置されています。
全部聴いていたら日が暮れちゃいそうですが
時間と興味のある方はぜひどうぞ。


スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。