08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器博物館~美術品でもある楽器

音を楽しむ、と書いて音楽。
ですが、多くの楽器には
見た目の美しさも求められるようです。

P1000188_convert_20121008063315.jpg

写真が小さくてわかりづらいですが
鍵盤の上の部分に
美しい紅葉の装飾があります。
そして両側に角のように生えたろうそく。
誰?
八つ墓村のたたりじゃ~とか考えたの。(私です)

私や姉が弾いたピアノがまだ実家にあります。
上のピアノのような美しい装飾はありませんが
臙脂のようなワインカラーのような赤で
木目が透けて見える塗装がされています。
未だにあのピアノと同じものを見たことがありませんので
なかなか珍しいものではないかな、と思います。
40年以上も前のピアノですが
調律も時々していて
まだ十分美しい音が出ます。

こちらは馬頭琴。

P1000198a_convert_20121008044007.jpg

「スーホの白い馬」の、あの楽器です。

どうでもいいことですが
物語に出てくる王様って
わがままだったり嘘つきだったり横暴だったり
どうしようもない人たちばかりです。
税や法に縛られ、振り回される庶民の
恨みがこもっているのでしょうか。

それはさておき、
「馬頭琴」という名の通り
立派な馬の頭が付いています。
実に精巧な彫刻です。
馬の猛々しさや躍動美が伝わってくるようです。

P1000199_convert_20121008044205.jpg

これは韓国の「オ」という楽器だそうです。
虎ちゃんの背中のギザギザを擦って音を出すのでしょうか、
ギロのようなものなのでしょうかね。
擦るのがもったいないようなかわいらしさです。

というように
耳だけでなく、目も楽しめる楽器博物館でした。
体験コーナーもあったのですが
ここはおこちゃまたちに占拠されていて
いい歳をしたおばちゃんはお呼びじゃない雰囲気でしたので
外から眺めるだけにしました。

それにしても
人はなぜ鍵盤を前にすると
猫ふんじゃったを奏でたくなるのでしょうかね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。