05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はんべ

静岡県民となった20年ほど前
最初に住んだ町は焼津でした。

焼津=さかなの町、というイメージは
何となく持っていましたが
独特の食文化を持つ名古屋人の私にとっても
この地域の食べ物はちょっとしたカルチャーショックでした。

まず、スーパーでスチロール箱いっぱいに売られている
カタツムリみたいな巻貝が分かりませんでした。
「ながらみ」??
塩茹でにして食べるとおいしいよ~と言われて
試してみたら、あらホント!
お酒のアテにピッタリです。
当時はひと箱1000円ぐらいで売られていました。
「子どものころのおやつはコレだった」
とおっしゃる方もいますが
最近はあまり見かけなくなってしまいました。
どこへ行ってしまったのでしょうね。

魚の切り身のコーナーにある
「いるか」という表示にもびっくりでした。
こんなに堂々と売られているけど
ワシントン条約大丈夫なんかいな、と
妙に心配になったりして。
味噌で煮て食べると美味しいらしいのですが
なんとなく手を出せないまま
今日に至っております。

最近では全国的に知名度が上がっているのが
「黒はんぺん」。
両親の出身は四国なので
関東で見かけるふかふかした白いはんぺんも
実家ではあまり食材としては使わないのです。
愛媛の宇和島で作られている「じゃこ天」に
よく似ているのですが
食べてみると微妙に違うのです。
焼津の黒はんぺんの方が
庶民的な味わい、かな。

とにかく安いのがありがたいのです。
1袋7~8枚入って100円でお釣りが来ます。
お給料日前のお助け食材です。

実は、最初に食べてみた時は
あんまり美味しいと思わなかったのです。
少々磯臭いし、
すりおろした小骨の食感も慣れなくて。
でも最近は、妙に食べたくなるのですよ。
すっかり静岡県民の胃袋になってしまいました。

しぞーかおでんの極々一般的な具材です。
焼いて生姜醤油でいただくのもグー。
でも私が一番好きなのは
はんべフライです。
揚げたてのフライで飲むビールがまた旨いんだな♪

ここいらの人は
「黒はんぺん」なんて言わないのです。
「はんべ」と言われています。

このはんべ、いわしのすり身が原材料ですが
鯖が入っている物もあるみたい。
親の遺言でサバが食べられない私は
市販のめんつゆの鯖節でさえ気になって
めんつゆは自分でこさえていますが
これだけはね、見ないふりをして食べています。

当たるかも、とドキドキしながら
フグを食べる人の心境に似ているかも、
なんて言うと大げさですが。

20年も暮らしていると
すっかりしぞーか弁も流暢になりました。
手話と名古屋弁としぞーか弁を使う私は
バイリンガルならぬ、トリリンガルよ、えっへん
…なんちゃってね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。