05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日加算

5月から始まった日曜診療。
今日は2回目の当番で出勤しました。

院内に「日曜診療はじめます」の貼り紙をしたり
「日曜の午前も診療していますから
心配な症状が出たら受診して下さい」
と先生方が患者さんに伝えたり
院内に置いてある診療予定表の日曜の欄が
「午前診療」になっていたり
そんな程度の周知しかしていないはずなのに
どうして分かったの??と聞いてみたくなるほど
久しぶりに受診する患者さんの予約もあって
それなりに、受診される患者さんはいるのです。

突然高い熱が出た、とか
明日から登園したいので許可証が欲しい、とか
喘息の発作が出た、とかの
どうしても今日でなくては、という患者さん以外にも
「湿疹で」とか「便秘で」とか
それって通常診療日でも良いのでは?と思うような
患者さんもいらっしゃいます。

今は子ども医療受給者証を使えば
診療が公費、あるいは500円程度の一部負担で受けられるので
気軽に受診できて、それ自体は良いことだと思うのですが。

ご存知かどうかわかりませんが
日曜の診療には「休日加算」というのがついて
若干割高になっているのですよ。
受給者証を使っている場合、その割高分の請求も
公費、つまりは皆さんが納めている税金から
支払われることになるのですけどね。

確かに、子どもは地域で協力し合って育てるものだと思います。
でもね、だからこそ
「受け方」というものも
ちょっと考えてみる必要があるのではないかな、と
思ってしまう私は頭が固いのでしょうか。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。