11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆の日に思うこと

小学4年の夏、
読書感想文を書くために
「ふたりのイーダ」という本を読みました。
それは、広島の原爆の日にいなくなってしまった
イーダちゃんという女の子を探して
小さな木の椅子(!)がさまよい歩く、というお話でした。

子ども向けの本でしたが
「原爆」というものがどんなに恐ろしく
悲しいものであるか
じわりとしみてくるような1冊でした。

その次の年の夏休みに
私が選んだ本は「八月がくるたびに」という本でした。
これは、長崎に落とされた原爆の本でした。
メルヘンチックなイラストの描かれた「ふたりのイーダ」とは異なり
骸骨の写真がコラージュで使われていたりして
とてもシュールで
胸が痛くなるような本でした。

今にして思えば、この2冊の本が
小学生の私に
「反戦」という意識をもたらしたのだと思います。
その後も小説や映画で何度も
戦争の悲惨さや原爆の恐ろしさを感じてきましたが
この時ほど衝撃を受けたことはなかったように思います。

私たちは、戦争を知らない世代ですが
文字や映像で
その恐ろしさを感じることは出来ます。
決して目をそらさず、真摯に
平和について考えていかなければならないと思います。

私たちが今、享受している平和は
多くの犠牲の上に成り立っているのだということを。
そして、彼らの遺志を受け継ぎ、守るために
自分が何をすべきかということを。

余談ですが
「八月がくるたびに」のあの恐ろしい挿絵は
バラエティー番組でお馴染みの
クマさんこと篠原勝之氏の書かれたものであると
最近になって知りました。
スポンサーサイト

きっかけってあるのよね。

小学生の時に読んだ本が、反戦に導いてくれたのね。
学校やニュースなんかで聞いても、それをきちんと受け止められなければ、思いにつながらないんだよね。

私は、広島の方とネットで繋がったのがきっかけで、感じるものが芽生えた感じなんだ。

憲法改正も原発の再稼働も、不安がいっぱいですわ。


次男坊、ナゴヤドームに行って来ました。と言っても、タオルと何かを買ってきただけみたい。
楽しんで来てね。思い切り羽目を外して…

当たり前じゃない平和

努力しないで平和な国にすることなんて
絶対に無理なんだけど
日本人は平和ボケしちゃっているので
危機感が薄いですよね。

原発はすべて廃止すべきだと私も思うけど
そのためには計画停電時のような「我慢」を
みんな覚悟しなきゃいけないと思うのよ。
原発反対!って言いつつ、その原発が作りだしている電気は
ジャンジャン使っているのって、矛盾してるよね。

憲法は何ひとつ変えてはならないと思うの。
ひとつ変えてしまうことによって
なし崩しにあれもこれも、って手をつけて
最終的には9条まで…って考えると
とても怖い。
富士山の世界遺産登録の次は
憲法9条を世界遺産に!と真面目に思うこの頃です。
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。