07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原画展

午後、通訳でお街に出た帰りに
美術館に立ち寄りました。
絵本の原画展が見たかったのです。

DSC_0233_convert_20131020202032.jpg
DSC_0234_convert_20131020202201.jpg

子どもたちが幼稚園に通っている頃
園長先生は常々
「絵本はよく選んで与えてください」とおっしゃっていました。
間違っても、アニメのような安易な絵本は与えないように、と。
例えば悪いタヌキを懲らしめても
最後にはみんなで仲直りして大団円、のような
大人の都合でストーリーを改ざんしたものは
絶対にダメ。

どの絵本を選んでよいか迷う場合は
福音館の絵本にしておけば間違いがない、とも。
毎月購入する「こどものとも」は
絵もストーリーもステキなものばかりでした。

今回展示された原画も
ほとんどが「こどものとも」のものでした。
見たことがあるものが多かったけれど
それでも原画となると
やはり迫力が違いますね。
ワクワクしながら鑑賞いたしました。

私の好きなスズキコージさんの原画は
残念ながらありませんでしたが
林明子さんの「こんとあき」を観られて大感激でした。
犬に埋められて汚れたこんを背負って
日の落ちかけた砂丘を歩くあきの姿に
「だいじょぶ、だいじょぶ」というこんの小さな声が聞こえてくるようで
涙が出そうでした。

お馴染みの「おおきなかぶ」もありましたよ。
おもわず「うんとこしょ、どっこいしょ」と
掛け声をかけてしまいそうになりました。

一番人気はなんといっても
「ぐりとぐら」でした。
どちらかというとお子ちゃまたちよりも
お母さんたちの方が喜んでいましたが。

絵心のない私なので
描く方は全然だめですが
美しいものを見るのは大好きです。
1時間半ほどかけてじっくり見ましたが
楽しい良い時間を過ごすことができました。

ここの美術館では
来年シャガールの展覧会があるようです。
是非見に行かなくては!
スポンサーサイト

今、悩んでます

子どもの小さい頃は、絵本が好きじゃなかった子どもたち。だから、ご縁が少なかったけれど、福音館の絵本や、こどものともは知ってますね。

原画を見るって、考えた事もなかったわ。一度、拝見してみたいです。

今は、読み聞かせの本探しに悩んでいますわ。小学生を相手だし、読み手の未熟さもあるし…
本屋さんで児童書を一人で見ている姿は、どのように見えるんでしょうね。

むずかしいね

うちの子たちにもずいぶんと本を読んだつもりだけれど
どういう訳か本好きな子どもには育たなかったの。

小学生への読み聞かせは
とても大事な活動だと頭が下がります。
職場に来る子どもたちを見ていても
落ち着きのない子が増えているし
以前に比べると社会性も乏しくなってきているような。
その子たちが悪いわけではなくて
そう言う子どもに育ててしまった
大人の責任なのですよね。
悩んで選んだ本で
子どもたちが笑顔になってくれる良いですね。
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。