07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インスリノーマ

昨年末、縁あってうちの子になった
フェレットのモンゴメリちゃん。
その後の獣医さんの診察により
まだ2-3歳の女の子であることが分かりました。

耳ダニ退治のための2回目の診察時に
体重の減少を指摘され
たくさん食べさせて、とアドバイスされていたのですが
なかなか食が細くて
どんなものなら喜んで食べるのか
お嬢を悩ませていました。

今日、仕事中にお嬢からLINEにメッセージがありました。
「モンゴメリちゃんの具合が悪いので病院に連れて行って」
かかりつけの獣医さんが、あいにくの午後休診だったため
フェレットも診てくれる他の病院を探し
今から見てもらえるよう連絡してあるとのこと。

昨日までは元気に走ったりしていたモンゴメリちゃんなのに
今日はぐったりして
時々けいれん発作も起こしているとのこと。
慣れない私が触っても、されるがままです。

隣の市の、更にはずれの方にある動物病院に
車を飛ばして連れて行きました。
まだ若い獣医さんでしたが
しっかり診察してくれて、私たちにもわかりやすく説明してくれました。
モンゴメリちゃんは「インスリノーマ」という病気らしいこと
現在は低血糖症をおこしていること
この病気はフェレットが比較的かかりやすい病気であること
膵臓に腫瘍ができるのが原因で
手術をするケースもあるけれど
モンゴメリちゃんの場合、成功率はかなり低いこと
今できることは
砂糖水を与えて低血糖を改善すること
それでもたぶん、もう長くは一緒にいられないこと。

何が原因で病気になったのか
なにか育て方が間違っていたのか聞いてみましたが
人が癌になるのと同じで
何が悪い、とはっきり断定はできないのだそうです。

命あるものはいつかお別れの時がやってくるとわかっていても
やっぱり切ない。
病院で分けてもらったブドウ糖液を
お嬢がシリンジで与えています。
一日でも長く生きて欲しいと
願うことしかできません。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。