05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔見た夢の名残 その壱

少し前にテレビのローカルニュースで
某神社の神事の様子を放送していました。
それは、大的に射た矢の中り具合で
その年の作物の出来を占う、というようなものでしたが
射手が大きく映るたびに
やれ口割が高いだの、離れが戻ったの、
手首の反動で弓を返しただの
酒の肴に言いたい放題の私でした。
そして酔った頭で
ああ、私ってまだこんなに弓が好きなんだな、と
気づいてしまったのです。

愛知県の西部に
村民に占める弓道人口が
驚くほど高い村がありまして
若い頃の私は
いつかその村に移住して
弓道三昧の老後を送る夢を見ていました。
巡り巡って他県の県民となり
それは叶わぬ夢となってしまいましたが。

通訳を辞めたい、と思って
他地域の先輩と話している時に
「通訳を辞めた後、何かやりたいことはある?」
と聞かれて
近くの武道館で行われている
初心者向けの弓道教室に入って
もう一度最初から弓をやりたい、と答えました。
すると
「ねぇ、それって、通訳を辞めなくてもできることじゃないの?」
「今、手話のために割いている時間をほんの少し弓の方にまわして
趣味の時間を持ってもいいんじゃない?」って。

同じ頃、カンちゃんと世間話をしていて
「老後はね、また弓を再開してね、
県の代表として国体に出るのだー(もちろん冗談)」と話したら
「それじゃあ今から始めないとダメだよ。
老後なんて言ってたら、体力が落ちて弓なんか引けないよ。
やるなら今だよ今!」
と返されてしまいました。

確かにね。

ものすごく残念なことに
前の家を出てくる時に
弓具一式を置いてきてしまったのですよ。
今からそれをそろえるとなると
一体いくらお金がかかるか。
それを考えて
なかなか一歩踏み出せずにいるのです。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。