05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一の不便

いまだかつて
セルフのガソリンスタンドで給油したことがない、とか
家の電球を交換したことがない、とか
すなわち、それらはご主人がやってくれるから、と
おっしゃる奥様方がいらっしゃいました。

自慢じゃありませんがワタクシ
家庭にオトコがいた時から
そういうのは私の役目でしたから
パソコンの設定からタイヤの空気圧まで
とりあえずはできちゃいます。

どうしてもできない時は
専門家に依頼するという最後の手段もありますし。

ずっと以前に、サークルのお姉さま方から
「たとえ自分でできちゃう(自分がやった方が早い)と思っても
できなぁい、やってぇ(はぁと)、ってお任せして
わぁすごぉぉい、さすがぁ(はあと)って持ち上げとくのが
可愛い女ってモンよ」とレクチャーされたけど
私にはできませんでしたわ…。

おだてりゃ天狗になるし
伸びすぎた鼻は適当に折っておかないと厄介だし
いろいろとめんどくさいの。

女世帯になって
色々と困ることが出てくるかな、と思っていたけど
とりあえず今のところは、何とかなってます。
そういう意味では
元夫に感謝すべきなのかなぁ。

ただし。
ひとつだけ不便なことがあって。
それは「蓋が開けられないこと」。

利き手の握力12kgなので
ジャムや佃煮の瓶の蓋は言うまでもなく
ペットボトルでさえ開けられないことがあるのです。
最近一番困っているのは
洗濯用液体洗剤の蓋。
今のところ
ボトルを右の脇に抱え
左手で蓋を回す、という方法で凌いでいますが
いろんなタイプのオープナーがあるみたいだから
ちょっと試してみようかなぁ。

でもね、私が困っているのと同じように
ご高齢の方だってやっぱり苦労しているんじゃないのかな。
「年寄り笑うな、行く道じゃ」っていうけれど
早くもその道をばく進しつつあるような。
スポンサーサイト

No title

私も大体の事はできるけれど、できないフリをすることも上手に使わせてもらってます。これも、一種の夫婦円満・・・
握力の無さは、たぶん同じかも・・・
ゴム製の手袋とか、シリコン製のものを使うとうまくいくかもよ。父の家のテーブルの上にも、リポDのキャップオープナーが置いてありました。

私も遺影用の写真が欲しいんだけれど、それなりに・・・のタイプだから撮らないのよね。
撮ってもらったら絶対に見ない、通訳中の集中した顔を撮ってもらう・・・
顔色は修正って方法もあるし・・・
周りの人には、自分で見たまんまには見えていないのかもしれないよね。

復帰には、まだまだ山がありそうだけれど、通訳はかわらないだろうから・・・  ゆっくり時間をかけてね。

No title

この前コンビニでペットボトルのお茶を買ったら
シリコン製のキャップオープナー(リラックマ系)がオマケに付いていました。なかなか重宝しています。

毎年お正月が来るたびに写真屋さんで
遺影用の写真を撮影してもらっている、というお年寄りがいて
なるほどなーって思ったことがあります。
子どもが巣立ち、家族写真を撮る機会もなくなると
自分の写真なんて免許の更新ぐらいでしか撮らなくなって
いざという時に困るから、って。
写真屋さんなら上手に撮ってくれるし、修正もしてくれるからね。

順々に、その時の準備をしておかないと、と思いつつも
なかなか進まないんだけど。
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。