07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願い、と言われても

地域の通訳団で奉仕員養成講座の担当になっているご同業から
「お願いがあります」とメールがありました。
5月から始まる奉仕員養成講座で
1講座でも2講座でもいいから担当して欲しい、というものでした。

講座の指導をするのは、とても好きです。
挨拶とか、自分の名前とか
初めて手話に関わる人たちが
少しずつ表現できるようになっていく過程や
受講中の楽しそうな様子を見るのはとても楽しい。
昨年度から新しくなった指導テキストに合わせて
2年前の講師研修も受講しました。

だけど、サークルに行けない、会議に出席できない、
こんな自分が受講生に
サークルに行きましょう、
できれば通訳者を目指してください、とは言えません。
昨年度は、指導担当から外してもらいました。

今年度、諸事情により講座を担当できない通訳者が数人いて
担当者の彼女がとても困っているだろうことは
想像していましたし
顔を合わせるたび
「なぜ講座をやらない?」「一緒にやろう」
と誘ってくれるろう講師もいて
ずっと申し訳ない気持ちとの狭間にいました。

とても悩んで
どうしても講師の都合がつかない時に
補欠としてなら担当します、とお返事をしました。
併せて次のような配慮もお願いしました。

1.今回の依頼は担当者が個人的に声をかけてくれたものだと思うので
  私が講師を担当してよいかどうか  講師全員に確認を取って欲しい。
  認められないという講師が一人でもいる場合は受けられない。
2.講座に関わる会議には出席できない。
3.受講希望者が多く2グループ制になる時は
  一緒に担当する講師をAさんかBさんにして欲しい。
  (それ以外の通訳者は怖いと感じてしまうので)

その後、メールをくれた講座担当者と共訳する機会があり
通訳が終わった後に話をしました。

私が会議に出られない理由を
他の通訳者は理解していないのではないか、
会議の状況は以前と変わらず
通訳年数の比較的短い人たちは萎縮して意見も言えない、と
言っていました。
自分の説明でどの程度伝わるのか自信がないけれど
通訳部長と相談しながら話し合ってみるよ、とのことでした。

とりあえず、話し合いの結果待ちという状況ですが
きっと今年度も講座を担当することは無いだろうな、と
複雑な思いでいます。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。