11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の誇り

藤原正彦先生の著書に
同じタイトルのものがありますが
けっしてパクリではありませんのであしからず。

先日行われた安倍首相による
アメリカ議会での演説について。
演説の内容についてあれこれ物議を醸していますが
それはそれとして。

私がどうにも納得できないのは
何故、日本語で演説しないのか、というところ。
安倍首相の英語力が如何程のものかは存じ上げませんが
日本を代表して渡米した首相として
堂々と自国の言語で語って欲しかった、と思うのです。

英語を第一言語とする人々が多数だからそこに合わせる、というのなら
外国語通訳を使えばいい。
もし、通訳の言語変換のニュアンスを気にするのであれば
関係省庁で練った英文の原稿を
事前資料として通訳者に渡せばよいのではないでしょうか。

今回のステージはアメリカでしたが
もしこれが、日本の国会で
オバマ大統領が演説をしたとしたら
大統領が演説の全文を
日本語で行ったりはしないでしょう。

古来から、戦で勝った国は負けた国から言語を奪ってきました。
それは、敗戦国の誇りを踏みにじり
手っ取り早く服従させるための手段でもありました。
日本はかつて確かに戦争に敗れたけれど
だからといって日本人の誇りを
自ら投げ出してはいけないと思うのです。

私は
日本という美しい国が好きです。
日本語という美しい言語が好きです。
自分が日本人であることに
誇りを持って生きていきたい、と思っています。



スポンサーサイト

No title

深い意味はないけれど、安倍さんの英語スピーチは不快に思ったの。俺は英語しゃべれるぜ~とでも、言っているようでした。
言語には、そんな歴史があるのね。知らなかった。そう言ったところにも、誇りを持つって大事だね。

ブレーキランプの件、親切が無駄にならなくてヨカッタね。ウインカーは自分から合図してくれるけれど、ブレーキはないものね。
バックする時に、反射するものがある時はチェックするけれど、わからないもの。
最近、両方のブレーキランプが切れている車があるのよね。これは、後ろを走っていると本当に怖いですよ。

No title

義務教育における、英語の早期教育について
議論されるようになって久しいけれど
私個人としては
外国語よりもまずは
正しい母国語を身に付ける方が先だろうと思うのですよ。

かの藤原正彦先生も「国家の品格」の中でおっしゃっています。
堪能な外国語で何を語るのか、それが大事、と。

手話通訳という仕事を通して思うのは
言語変換で最も必要とされる力は
第二言語の語彙数ではなく、
母国語の国語力である、ということです。
即ち、どんなにたくさんの手話単語を知っていても
それを返還する音声言語が乏しくては
分かりやすい通訳はできないのです。

日本人は
豊かで素晴らしい文化と歴史を持ちながら
それを大切にしない不思議な国民であると
残念に思うのです。
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。