05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ好きなだけなのに

「手話」という美しい言葉を覚えたい、と
ただそれだけの単純な思いで足を踏み入れてしまったこの世界。
もっと上手くなりたい、もっとろう者の話が分かるようになりたい、
そして初級手話講習会、奉仕員養成講座、手話通訳養成講座…と
なんとなく上手くベルトコンベアに乗せられてしまったような。

何かの間違いで統一試験に合格して手話通訳者となり
その後もまた何かの間違いで士試験に合格してしまい…。

地元から誰か一人、と依頼があって
すったもんだの挙句、県通研の事務局に入り…。

通研は
手話を守り、ろう者を守り、手話通訳者を守るための
運動団体。
私は、運動員になるために手話を始めたんじゃないのに。

手話で、聴こえない人たちと話ができればいい。
ろう者が必要と言ってくれるから、手話通訳をする。

でも
手話という言語を守るためには、運動が必要。
いつでもどこでも手話通訳がいる世の中を実現するには
やっぱり運動が必要。

大好きな手話を続けるためには
大好きなろう者の暮らしを守るためには
闘わなければならない時もある。
分かっていても
やっぱり私には運動員なんて無理。
楽しく手話が出来ればいい。
ただそれだけなのに。
スポンサーサイト

No title

やりた事と少しずれちゃったな~って事はあるのよね。
だからってみんな同じわけじゃないし、無意味で不必要な仕事でもないし・・・
最終的には、自分で天秤にかけて答えを出すしかないのよね。
でも、好きな事をみつけて真剣に向き合って、これってスゴイことよ。誇りに思って良いと思うんだ。


75歳のお客さまでね、小学1年の時のクラス会を毎月やっているんですって。やっぱり、昔のあだ名で呼び合って楽しそうです。
あだ名で呼び合える友人がいるって、宝よね。

No title

手話通訳をする上で必要となる運動、というのは分かるのですよ。
ただ、通訳活動よりも運動でしょ、と言われてしまうと
運動員である以前に私は通訳者なのに、と
違和感を感じてしまうのですよ。

鶏と卵、どっちが先?みたいな部分もあるのですけどね…

70代、80代になってしまえば
あだ名で呼び合うのも微笑ましい感があるのですが
50代であだ名って言うのは
ちょっと微妙だったりして。
言ってる自分が一番照れくさく感じますわwww
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。