04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らなければわからない

本日は会議と通訳で一日お街に出かけていました。
帰り道、電車を降りて改札を出て左に曲がると
売店の前に2台ある公衆電話に
数人の列ができていました。

電話をかけている人、並んで待っている人が
皆私の親世代のご婦人方でした。
たぶん皆さん
「今駅に着いたので迎えに来てください」
っておうちに連絡されているのでしょう。

この年代の、特にご婦人であれば
携帯電話をお持ちじゃなくても不思議ではありません。
私の両親も、母が闘病中は父との連絡用に
携帯電話を持っていましたが
母が亡くなった後は
使わないから、と父も解約してしまいました。
父としてはそれでもまったく不便を感じていないとか。

携帯を持っていれば電車の中からでも
「今電車に乗りました」
「○分ごろ駅に着くのでお願いします」
なんて、メールやLINEで連絡ができるのに
携帯を持っていないとやっぱり不便だな、と思うのだけど
「ない」のが「当たり前」だと
便利とか不便とか、感じることもないのかもしれません。

うっかり家に携帯を置き忘れて外出すると
どうにも気になってそわそわしてしまうけど
もしかすると、そんな気分になる方が
「不便」なのかもしれないですね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。