04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あだ名

昨年6月に、高校3年の時の同窓会が開かれ
実に32年ぶりの再会を果たしたりしましたが
それを機に
恩師がシナリオを書いている演劇を観る会だとか
忘年会だとか
地元に暮らしている人たちは
旧交を温めているようです。

この夏にも
母校で教鞭をとっている同級生が
懐かしい学舎を案内してくれるプチツアーを企画してくれて
その後は納涼会を開く旨、お知らせがありました。

母校は、明治40年創立の県立第五中学校からなる
歴史ある学校です。
江戸川乱歩や、「日本のシンドラー」こと杉原千畝氏がOBであることは
卒業生の誇りでもあります。
また、「感喜堂」という地元最古の講堂の存続について
同窓会が主体となって運動を巻き起こしたことは
地元ではなかなかのニュースになったようです。

その母校の見学と納涼会の案内がきて
当時の友人たちで
「一緒に行こう!」と盛り上がったのは言うまでもなく。

イマドキだな、と思うのは
そう言った連絡がすべて
携帯だのパソコンだののメールで行われるということ。
そしてそれ以上に
五十路を過ぎたオバチャンにも関わらず
自他ともに、当時のあだ名で呼び合っている、ということが
なんだかくすぐったくて。

私なんぞは既に当時の名前に戻っているので
氏名を名乗っても良いのですが
女子の場合はほとんどが名前が変わっているので
現在の名前で名乗られてもピンとこないし
かと言って旧姓を使うのもなんだかなー、ということで
当時のあだ名を便利に使ってしまうのでしょう。

名前の呼び方ひとつで
長い時間の流れを一気にさかのぼってしまうというところは
すごいなーと思います。
しかし、この齢で
「きょーちんです」とかいうのも、ちょっと恥ずかしかったりして。
うぬー。

日本人の誇り

藤原正彦先生の著書に
同じタイトルのものがありますが
けっしてパクリではありませんのであしからず。

先日行われた安倍首相による
アメリカ議会での演説について。
演説の内容についてあれこれ物議を醸していますが
それはそれとして。

私がどうにも納得できないのは
何故、日本語で演説しないのか、というところ。
安倍首相の英語力が如何程のものかは存じ上げませんが
日本を代表して渡米した首相として
堂々と自国の言語で語って欲しかった、と思うのです。

英語を第一言語とする人々が多数だからそこに合わせる、というのなら
外国語通訳を使えばいい。
もし、通訳の言語変換のニュアンスを気にするのであれば
関係省庁で練った英文の原稿を
事前資料として通訳者に渡せばよいのではないでしょうか。

今回のステージはアメリカでしたが
もしこれが、日本の国会で
オバマ大統領が演説をしたとしたら
大統領が演説の全文を
日本語で行ったりはしないでしょう。

古来から、戦で勝った国は負けた国から言語を奪ってきました。
それは、敗戦国の誇りを踏みにじり
手っ取り早く服従させるための手段でもありました。
日本はかつて確かに戦争に敗れたけれど
だからといって日本人の誇りを
自ら投げ出してはいけないと思うのです。

私は
日本という美しい国が好きです。
日本語という美しい言語が好きです。
自分が日本人であることに
誇りを持って生きていきたい、と思っています。



ブレーキランプ

先日オイル交換をして
メンテナンスって大事、と実感したばかりです。

休日に長距離走行したライフちゃん、
フロント部分に羽虫さんたちが付着してしまったので
洗車してきました。
アパートの駐車場にも水栓はあるのですが
他の車に水しぶきをかけてしまいそうなので
洗車は専らガソリンスタンドのコイン洗車です。

行楽シーズンだからでしょうか、
洗車機もなかなか混んでいました。
順番に並んで、前の車が終わったので出るのを待っていると
前の車のブレーキランプが片方切れていました。

自分の洗車が終わって拭き上げスペースに移動した後
さっきの車のドライバーさんに
右側のブレーキランプがキレているみたいですよ、と
声をかけました。
それを近くで聞いていたスタンドの店員さんが
「よろしければ私がブレーキを踏んでみるので
確認してもらえますか?」
と、フォローしてくれました。

ドライバーさんは私よりも年上のご婦人でしたが
「あら、ホントだわ」
「ランプのスペアは持っているのだけど」←スゴい
「後ろのランプだと自分じゃ気が付かないのよねぇ」
ドライバーさんからも店員さんからも
「教えてくれてありがとう」ってお礼を言ってもらいましたが。

ホントにね、自分じゃ気が付かないのだけど
「整備不良」ってことで免許の減点対象なのよね。
ランプが切れたら何かの方法で知らせてくれると良いのに、と
思った次第です。


辛口評論家

このところなかなか時間が取れず
美容院へ行くのをサボっていたら
思った以上に髪が伸びていました。

ようやくカットに行ってきたら
自分ではそんなに変わっていないつもりでしたが
「いいんじゃない?」
「切る前は伸びすぎててあまりに酷かった」
とお嬢に言われてしまいました。

同じ頃
お嬢の運転する車に乗り、信号待ちをしていたら
横断歩道を銀髪のご婦人が通って行きました。
見たところ60代ぐらいと思われたのですが
ピンクのパーカーに紫のパンツ、
足元は蛍光オレンジの靴という
なかなか目を引く色彩。
「あのぐらい派手な色を着ると若く見える」
「歳を取ったらくすんだ色を着ちゃダメだと思う」
「なるべく明るい色を身に付けないと」
とまたまたお嬢。

う…それは個々の適正というものもあると思うのだけど。

とりあえず、
今までよりほんの少し明るい色の口紅を
買ってみました。

同性の目は、きびしいのぅ。

メンテナンスって大事

先日、通勤途中に信号待ちをしている時に
突然エンストしました。
幸い、キーを回したらすぐにまた始動しましたが。

そう言えば、去年車検をした後
一度もオイル交換していなかったなぁ。

よく注意していると
アクセルを踏み込むときに
かすかにカラカラと音がするし。

以前の職場で
「車のことは全部主人がやってくれるから
ガソリンなんていれたことがない」
とおっしゃる奥様がいらっしゃいましたが
幸か不幸か、
今までそのようなありがたい環境にいたことがないので
セルフ給油はもちろんのこと
タイヤの空気圧だって自分でやっちゃう私ですが
こういうところに気が回らないんじゃ
まだまだだなぁ。

ライフちゃん、ごめんね。

オイル交換してきました。
カラカラの異音も解消
走りも何となく滑らかなような。

メンテナンスって大事。
5000kmを目安に、と言われるけれど
責めて半年に一度は
オイル交換するようにしなくちゃね。

珈琲

昔、実家には
珈琲豆を挽く手回しの道具がありました。
コーヒーを入れるたびに豆を入れて
ゴリゴリと挽くと良い香りがして、
日曜の朝ののんびりとした風景でした。
でもやっぱり面倒だったのでしょう。
私が実家から出るころにはもう
クラシカルなその道具は
食器棚の奥にしまわれてしまいました。

今のアパートに引っ越した時に
コーヒーメーカーが欲しかったのだけど
キッチンも狭くて置く場所に困るため
ずっとインスタントコーヒーで間に合わせていました。
でもどうしても美味しいコーヒーが飲みたくて
先月思い切ってコーヒーメーカーを買ってしまいました。
置き場所はテーブルの上!
毎日使っているから、いいよね…。

毎朝コーヒーを淹れて飲み、
残りは水筒に入れて
職場や通訳現場、会議などで飲んでいます。
珈琲の匂いって癒されます。

昨日も水筒に入れて準備してあったのに
総会に持っていくのを忘れました。
会場の自販機で缶コーヒーを購入して
自分の席に置いて、受付で仕事をして
総会が始まったので席に戻ってみると
缶コーヒーが消えていました。
コーヒー飲みたい…でも席を外すこともできず
結局午前中はずっと我慢でした。

総会終了後
缶コーヒーが消えちゃったのだけどどこへ行っちゃったのかしら、
と話していたら
T事務局長が同じ缶コーヒーをふたつ手にして
「くろすけさんごめん。ふたつとも口付けちゃった。返す?」
え、間違えたの?でも飲んじゃったんならもういいよ。
事務局長と間接ちぅとか、したくないし。

午後はパーティでビールを飲み、二次会でまた飲み
駅に迎えに来てくれたお嬢が
「パスタが食べたい!」というのでパスタ屋さんへ行き
そこでミニサイズのピザを摘まみながらビールを飲み。

飲み過ぎたのか、朝起きたらすごく喉が乾いていました。
ブラック派の私ですが
今朝はたっぷりミルクを入れたコーヒーを飲みました。

朝のコーヒーと疲れた時のコーヒーは美味しいです。

唯一

重い気持ちを抱えて帰宅する途中、お嬢から
「チーズちくわの天ぷら食べたい」
「なるべくたくさん」
とLINEがありました。

ここだけが、私を必要としてくれる唯一の場所。

何もかもが嫌になる時

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

大人の発達障害

昨年、所属団体の研修会で
発達障害についてのお勉強をしました。
その時に、講師の先生が挙げられた発達障害の特徴に
当てはまるものがいくつかあって
以来、ちょっとスッキリしないものを感じています。

「コミュニケーションが苦手」とか「場の空気が読めない」とか
苦手のものは誰にだってあるけれど
そのために社会に適応できず、本人が困るような状況があると
「発達障害」になるのだと。

場の空気が読めないのはもともとだけど
コミュニケーションを苦痛に感じるようになったのは
ここ最近のこと。
でもやっぱり、適応できなくて困ってる私。

それって発達障害だったんだ、って認めたら楽になるのかもしれないけど
そこに逃げちゃいけないような気もする。
難しいね。

ほっといてチョーダイ

大阪での部屋探しの途中
お昼を食べながら向かいの席に座ったチィちゃんが唐突に

「お母さん、老けたねー」  Σ(゚Д゚)ガーン
「目尻のしわとか、ヒドイよ」  Σ(゚д゚lll)ガーン
「マジでヤバいよ、ソレ」  ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

だって、しょうがないじゃん
だって、あたしもう51なんだよ
だってだって、保湿とかしてるけど効果ないんだもん

しくしく。ほっといてチョーダイ。

大阪へ

6年も大学で勉強したけれど
構造計算ってなかなかマイナーな分野みたいで
就活エリアをかなり広げなければならなかったようです。
それでもありがたいことに
希望する会社から内定をいただくことができました。

春からの職場は、大阪にあります。
初めてのひとり暮らしの、ねぐらを決めなければなりません。
お正月明けにひとりで大阪に行って
いくつか物件を見てきたようなのですが
紹介してもらったのが事故物件だったり
妙に契約を急がせたりして信用ができず
なかなか決まらないまま時間が過ぎてしまいました。

「一緒に見に行く?」と聞くと
そうしてもらえると助かる!と。
母とて素人ですから、大した力にはなれないけれど
迷った時の相談ぐらいには乗れるかな。
というわけで
20日に再度大阪で部屋探しをすることになりました。

事前にネットでいくつか物件をピックアップして
その物件を取り扱っている不動産屋さんに連絡して
条件に合う物件を他にも探しておいてもらうことにしました。

前日の19日の夜にうちを出て
名古屋の実家に一泊
翌20日の朝に大阪へ出発
夕方まで部屋探しをして
一旦名古屋の実家に立ち寄ってチィちゃんをおろし
それからまたうちまで帰ってくる予定でした。

午前、午後と二つの不動産屋さんのお世話になりましたが
どちらも丁寧に対応していただいて
おかげさまで無事、決めることができました。
家賃、初期費用とも予算より少し抑えることができて
ホッとしました。

結局大阪を出るころにはすっかり暗くなっていて
名古屋の実家に着いたのが夜10時過ぎ。
「メシぐらい食べて帰れや」と父の厚意に甘えて
(こんな時間から帰ったら危ない、泊まってけー、とスッタモンダもあり)
深夜の高速をひた走って
帰宅したのが2時でした。

一日で500km以上運転しました。
運転は苦にならない私だけれど
さすがに眠くて
途中のSAで15分ばかり仮眠を取ったりもしました。
もう無理のきかないお年頃なのね、と実感しました。

翌日土曜は通常出勤して
午後は夕方まで会議。
いつも以上に頭が呆けて集中できませんでした。

修士論文

「建築の勉強がしたい」と名古屋の大学に入ったチィちゃん。
当初の予定より2年長くかかって(浪人・留年したわけではないけど)
今春ようやく卒業のはこびとなりました。

専攻は、構造計算だそうな。
10年ほど前に耐震構造計算偽装問題が世間を騒がせたけれど
うちの娘、けっして頭髪の偽装はしてませんから!→違うか。
母は根っからの文系なので
理系の、しかも計算なんて、さっぱりわかりません。

17日に修士論文の発表会があって
学長賞をいただいたそうです。
「金一封は?」って聞いたら、何もないんだって。

ちなみにテーマは何?って聞いてみたけど
やっぱり分かりませんでした。
卒業式で表彰されるそうです。

またしてもごぶさた

過去記事を手掛かりに調べ事をしようと思って
久々にブログを開いたら
とっても邪魔っけな広告のポップアップがポーンと。

ひと月以上更新がないと広告が出ちゃうんだって。
なんじゃそりゃ。

っていうか、あたしったらひと月も放置してたんだ…
ダメじゃん。

だってね、FBの方が記事をアップしやすいのよ。
スマホで撮った写真をすぐ使えるし
(ブログだとリサイズが必要だったりしてなかなか面倒なの)
リアルタイムで投稿できて
コメントとかいいね!とか
反応がすぐ返ってくるのも楽しいし。

なーんて、言い訳ですな。
ブログも頑張ります…。

間違っていないはず

「続柄」。何て読みますか?

職場で、ワクチンの問診票を確認すると
時々記載漏れがあったりします。
結構多いのは
保護者署名、接種回数、そして続柄。

○○さーん、とお呼びして
お手数ですが、この「ツヅキガラ」も記入してください
とお願いしたら
「え、ああ、ゾクガラでしょ」
って訂正されたことが何度もあります。

確かに「ゾクガラ」でも間違ってはいないのですが
それはあくまでも俗称。
「ツヅキガラ」と読む方が正しいのです。
試しにゾクガラで辞書検索してみると
デジタル大辞泉にちゃんと
「つづきがらの俗な言い方」と出てきます。

それなのに
「アンタ間違ってるよ」と言わんばかりに訂正されると
なんだかスッキリしないものが残ります。
一応は、言語変換を仕事としている身でもありますから
日本語の意味や使い方には
気を付けているつもりでもありますし。
もちろん大人ですから
「いえいえ、これはツヅキガラと読むのが正しいのですよ」
といちいち訂正は致しませんが。

とは言え、言葉は生き物ですから
時代の流れと共に変化し続けるものです。
いつしかゾクガラがツヅキガラを侵食してしまう日が来るのではないかと
ちょっと恐ろしくなったりもして。

上手いこと言いますな~

昨日、日帰りで実家の名古屋に帰省してきました。
今回の運転手は若葉のお嬢です。

Uターンラッシュが始まっている、と聞いていたので
覚悟はしていたのですが
行きはさほどでもなく
いつもの週末程度の渋滞でした。
お嬢の運転もなかなか慣れてきたようです。

走行中に前を走るタンクローリーを見て
「昔、くろすけのKは危印のKとか言われたなぁ」
「ふーん?どういうこと?」
「引火しやすくてよく燃える、って」
「えぇぇ~ それどんだけ短気なの?
っていうか燃料はアルコールだね」

おぉっ なかなか上手いこと言いますなー。
座布団三枚かな。

帰りはしっかり渋滞にはまり
通常の2倍近い時間を費やしました。
時々「運転替わろうか?」って声をかけたけど
んん、まだ大丈夫、って最後まで頑張りました。

プロフィール

まっくろくろすけ

Author:まっくろくろすけ
職業:病院職員、手話通訳
趣味:読書、パズル(特にナンプレ)
性格:真面目で硬そうに見えて
   実はだるだる
   しっかりしていそうで
   どこか抜けている
好きな言葉:
 「微力だけど無力じゃない」
 「過去と他人は変えられない。
  未来と自分は変えられる」
座右の銘:ケセラセラ
   (なるようになる)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。